ホームページ・ブログ 活用法


このキーワードで検索して出てくる記事を読んでも,具体的にどうしていいのだかよくわかりません。

ビッグデータ活用,などと言われている時代に,あまりに古い話かもしれませんが,以下のようなことをして,受動的な営業ツールとして使ってはどうでしょうか?

  • 商品やサービスに関するブログを作る。Blogger でも良いと思います。
  • ブログとホームページに Google Analytics を設定する。
  • 事例紹介など定期的にブログを更新する。

こうすると,Google Analytics でアクセス数や検索キーワードが確認できるようになります。また,ページ遷移なども確認できるようになり,どのページでユーザが興味を無くして離脱しているのかがわかるようになります。なので,説明を充実させたり,検索キーワードから新商品開発のヒントを得たりすることができるのではないでしょうか。

今は,Google が賢くなりすぎているために,小細工はせず,ユーザにわかりやすい内容にするのが得策のようです。

http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35291
やその中にある,以下のリンクは参考になります。
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35769
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=70897
Google のウェブマスターツールも色々と改善すべき点を教えてくれるのでいいと思います。これらは,SEO(サーチエンジン最適化)の一種なのかもしれません。

以前,ネットビジネスでかなり成功した会社の社長さんとお話する機会があり,その方が,「あまり営業というものが好きではなかったので」とか「営業に回ってもコストばかりかかる」などとおっしゃっていましたし,別のビジネスの例では,「営業はせず注文が来るまでじっと待つ」(ホームページぐらいは作られていたかもしれませんが)などといったことを聞いたりしたので,こういった活用法はどうかなと考えました。

この記事を読んでいただいて,この人を呼んでちょっと聞いてみようか,と思われた場合は,同様の効果が見込めるでしょう。しょうもな!と思われた場合は,もはや対応済みかと思いますので,もっと進んだ方法を検討されたほうが良いかと思います。