Java 8 への対応

お客様からの依頼で Java 8 について調査していました。

Oracle の公式アップデート終了は、2017/9 で、それ以降は、サポート契約の必要がありそうです。
Oracle Java SEサポート・ロードマップ

それだともうすぐ終了だなあ、と思い、何か良い方法がないか調べていたのですが、Red Hat Enterprise Linux(RHEL) + OpenJDK 8の組み合わせであれば、2020/10 までサポートされるようです。

OpenJDK ライフサイクルおよびサポートポリシー

Oracle JDK は 7 以降は、OpenJDK と同じコードベースのため、API レベルで 100 % 互換性があり、通常は JDK を置き換えても動作するようです。(評価は必要かと思います。)

私としては、RHEL+OpenJDK での長期安定稼動をおすすめしたいところです。