Twitter でクリックされるのはどの程度なのか


WEB サイトを作ってもそうそう見られるものでもないと、つくづく感じているが、Twitter の場合はどうなのだろう。

そもそも、フォロワーを増やすには権威ある人、カリスマのある人、友達の多い人でないと難しく、リツイートも相当共感を呼ぶものでないとリツイート、いいね、されない。そこで、Twitter の広告機能を使ってみてはどうかと考えた。

通常広告だと、指定したツイートが設定した金額分だけばらまかれる。
オートプロモートだと、ツイートする度にばらまかれるのだと思うが、何日分か見た感じでは、日に2000程度のインプレッションが得られるようにばらまかれていた。

詳細を表示したり、プロフィールを表示したり、写真を表示したりするのをエンゲージメントと呼ぶようであるが、おおまかには、オートプロモートの2000インプレッションのうち、エンゲージメントはテキストだけの場合で20件前後、写真も含む場合は200件弱のようだ。意外だったが、プロモツイートのほうがエンゲージメント率が高い。

自分が3回ほど試した範囲では、プロモート内容によって大きく変わるものではなく、エンゲージメント率は1〜3%程度のようである。写真が入ると10%程度まで上がることもあった。知名度が高い場合はエンゲージメント率も上がる可能性もある。

マーケティングの数字として、どこかで1/1000というのを聞いたような記憶があるのだが、興味あって見てくれた人が商品を買ってくれたり、来店してくれたりするのは、エンゲージメントした内のさらに何%かだろうから、0.1%というのは、データと合っているように思う。

お客さんの数が伸びない、といった場合に、Twitter広告、Facebook広告、Instagram広告などを活用してみるのもいいと思う。